自称若手FPの成行きブログ
【ネット相談所】年収100万円の低所得者でもリッチになれるファイナンシャルプランニング。
 |  はじめに | 自己紹介 | 私の考え方 | 1000万の利益を出すために | FPコラム | オフショアとは | 気になること | 投資コラム | 趣味 | 競馬伝説 | 

プロフィール

FP-PLAN

海外投資研究チーム FP-PLAN
海外在中にM&Aについて深く興味をもち投資と企業との関わりについて勉学をする。帰国後はITバブルの波に乗り某大手企業出資の元、上場にも関わる。現独立系ファイナンシャルプランナー

カテゴリ

過去ログ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告||ブログTOPへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府系ファンドについて

2008/07/10 20:37|FPコラムマネー * 株式・投資・マネー|
ブログTOPへ
TB:0CM:0
FC2ランキングバナー ←気が向いたらポチっとね。

アラブの政府系ファンドがニューヨークを代表する高層ビルを約8億ドル(約850億円)で買収することで話題になって、日本のお馬鹿なマスコミや評論家マガイが騒いでいるけど、「今更なに言っているの?」という感じがする。

アメリカ株価が暴落し、経済が悪化し始めた時、すでに色々な政府系ファンドがアメリカに目をつけM&Aすなわち企業買収などもしている。

あまり知られていないのが中国です。
中国国民でさえ、あまり知っていないのだから、日本人なんてよほど勉強熱心な方じゃなければ知らないのが当然かも知れません。
サブプライムでアメリカ株価が暴落した際にも中国政府系ファンドはM&Aを仕掛けています。
皮肉なもので今、アメリカは他国に戦争という暴力的攻撃を仕掛けたつもりが、逆に他国からの経済的侵略による脅威に陥っています。

アメリカは1歩舵取り、つまり政策をミスれば強いドルはもう遠い過去のものになるでしょう。

それより、日本にも政府系ファンドを作る話が出ていたのに、どうも保守的な議員さんが多いのか話が全然進んでいない。

報道ステーションの古館さんも反対していたけど、あの人馬鹿か?w
バラエティの頃は好きだったのにw
サミットで政府系ファンドの規制について話しあったみたいですが、どうせ話し合うだけ無駄だし、今さら他国がアメリカ中心に言いなりになるわけないでしょう。
マスコミの発言って影響力が大きいから安易に知ったかぶりしないでほしい。

それよりも、日本にも政府系ファンドを早くに立ち上げて、アメリカの二の舞にならないような防衛策を設ける必要もあるし、強い円のうちにそれをやらなくては意味がない。
例えば原油などにヘッジを入れ、庶民の生活の安定につなげるということもできるしデメリットはあまり感じないのですがね。

やはり日本人は保守的な民族なのでしょうか・・・。
そのうちアメリカがだめになったら、中国の「日本省」とかになったりしてw
スポンサーサイト

現在の先物市場について その2

2008/07/05 19:00|FPコラム株式・FX・投資・マネー最新情報 * 株式・投資・マネー|
ブログTOPへ
TB:0CM:0
FC2ランキングバナー ←気が向いたらポチっとね。

⇒「現在の先物市場について その1」の続きです。

商品先物取引は、現物の価格変動のリスクを押えるために作られた取引と言うのは前回お話した通りですが、
実はこの先物取引的な考え方は、皆さんが知らない間に行っています。
最近は、ガソリンが上がるという報道があると満タンにする行列ができます。
もしかしたら、そのガソリンを使い切る前に下落するリスクも踏まえた上で買い込んでいるわけです。
当然ですが、満タンにしたガソリンは「買うことができても」売ることはできませんよね。
これは、もしガソリンが下落した際に大損することになりますよね?
これを大きな市場取引で「買い」と「売り」両方でできるのが商品先物市場です。
原理は大体わかりましたか?

では、なんで今、先物市場中心で株式・為替などが振り回されているのか?
この点についてです。

そこらの証券会社などの情報サイトで解かる部分は長くなるし、メンドクサイんで大部分は省略しますが、まず、これは、どこのエコノミストでも言うことですが、お金というものは有限ですので、株式市場が悪くなると他の投資先を探すのは当然の行為です。

また、米株が下落すれば、米ドルも下落しますし、代わりに他の勢いのある通貨へ変えそこで投資とうのが一般的です。今のユーロがそうですね。

じゃあ、なんでここまで原油高になっているのか?
そして、異常な物価高の原因は?
主犯者は「とうもろこしさん」です。

「バイオエタノール燃料」アメリカの政策の1つ。
そしてサトウキビやトウモロコシから作られるこのエネルギー。
これがOPECを含む原油国を中心に怒りを誘った訳です。

なぜか?

例えば、アメリカ支持寄りの国家(例えば日本とか)が今後、エネルギー需要の大半を「バイオエタノール燃料」に頼る事になったとしたらどうなるでしょう?
(実際、アメリカ側からは既にその要求がでています。)
中東を始めとした、反アメリカ側、オイルマネーの発言力が世界で急速に減少するのは誰が見ても明らかです。

原油より穀物の価値を高め、そしてアメリカの目のコブであった中東諸国の力を抑えるにも絶好のチャンスでした
実際に、先物市場でも原油より先にとうもろこしの方が先に上がっています。

しかし、アメリカに予想外だったのはサブプライム問題でした。
当初はそれほど深刻とは思っていなかっただけにシナリオ通りにはいかなくなったわけです。
実はサブプライム問題を悪化させた影の真犯人は○○人という噂もあるぐらいです。
現在の原油バブルの弾きがねは意外な事に「とうもろこし」だった訳です。
お解かりいただけたでしょうか?

現在の先物市場について その1

2008/07/04 23:48|FPコラム資産運用について * 株式・投資・マネー|
ブログTOPへ
TB:0CM:0
FC2ランキングバナー ←気が向いたらポチっとね。

現在メインの為替相場の方はたぶん大きな動きはなさそうなので
今日は商品先物について、初歩的なことを知らない人も多いみたいなので
少し書きましょうか?
眠いので基本中の基本、ちょっとだけです。。。

商品先物(以下先物)とは恐ろしいもの!
と、いう先入観がまだまだあるようです。
でも、それはちょっと違います。

先物とはもともと現物の価格変動のリスクを押えるために作られた取引です。
恐ろしいと、思われているのは、過去にこれを悪用した合法詐欺が多発した為、そのようなダークなイメージになってしまったようです。
現在でも残念ながらまだあるようですが・・・。

さて先物ですが、身近なところで話します。
原油は皆さんは直接使わないかもしてませんが
それらから作られる、「ガソリン」や「灯油」は使うはずです。
そして現在、高騰して困っている人は大勢いるはずです。

燃料が高騰すると困る。
当然です。
運輸関係の企業なんかは死活問題です。

そこで先物で「買う」わけです。
もし、途中で先物価格が暴落しても、実際に使う燃料、すなわち現物価格は、当然安くなっているのでプラスマイナス・ゼロに限りなく近くできるわけです。
逆に高騰したら、先物の方で利益がでるので、それを利益確定し、実際に使う燃料への差し引き分に回せるわけです。

この流れがヘッジ取引といいます。
この取引をしていなければ、現在の運輸業などは耐えることができません。
最近では、このヘッジ取引で話題になったのがあのJALです。
このヘッジをしていないと、JALなんかは、速攻で企業再生の危機に直面していたことでしょう。

本来は、このような取引などに使われるのが正当なものです。
が、現在の先物市場は少し様子が違う部分もあります。

では、どの様に?というのは、明日にでも。

年金特別便はあてにならない? その2

2008/06/01 12:55|FPコラム年金問題 * 政治・経済|
ブログTOPへ
TB:0CM:0
年金特別便はあてにならない? その1
の記事の続きです。

ちょっと話はそれますが、そもそも年金制度は
明治8年に発足した恩給制度から始まり、その後、厚生年金制度と移りました。
意外と歴史は古いんですよ( - -)トオイメ。。。

その後
昭和17年に労働者年金保険法(特定の男性のみ)
昭和19年に厚生年金保険法(対象者を拡大、女性も含む)
というのが現在の年金制度の流れです。

さて、話は戻り、この女性の場合、昭和18~19年、日鉄の関連工場で
働いていたという経歴がありました。
当然、給料も強制的に差し引かれています。

それもそのはず、昭和17~19年は太平洋戦争で国内は大混乱。
よくそんな中で政府は年金制度なんて作ったなぁ~と思いますが
本音は「軍費調達」の貯蓄という事にあったようです。
今も昔も、政府の本音と建前というものはズル賢いものだと関心しましたw

もちろん、社会保険事務所で調べたところ、あっさり、そのデータはでてきました。
しかし「年金特別便」にはその履歴はありません。
ここが、大問題です!!

そこで、年金再計算の依頼をしたところ、
手取りで、年4.2万円ほどのプラスになることが判明しました。
これは大きいですよね!!

もし出向かなければ、もらえずじまいです。
年4.2万円も損していたということです。

足を運べば、データであっさり出てくるものが、「年金特別便」には記載されていないことが全く理解ができないのですが、これは特別の事例ではないのではないでしょうか?

皆さんも1度、確認だけはしておくべきです。

年金特別便はあてにならない? その1

2008/06/01 01:38|FPコラム年金問題 * 政治・経済|
ブログTOPへ
TB:0CM:0
金曜日に付添いで「社会保険事務所」へ行ってまいりました。
理由は、『年金特別便』が届いた身内がいるのだがなんせ
大正生まれの高齢なので、付き添うことになったのである。

この方は、既に旦那さんを亡くしている女性で
遺族年金も受けています。
19年4月1日前に、遺族年金の権利が発生した方は
3つの選択方法があるのですが(以前は自身で選択しなくてはいけませんでした)

大抵の方は、
【1】基礎年金+遺族年金
【2】基礎年金+(遺族年金の2/3+自分の厚生年金の1/2)
この2つになります。

奥さんが、働いた事がない方は【1】
働いた事がある場合は、【2】と考えると解かりやすいでしょう。
奥さんの方が収入が多かった場合はまた別なんですが
それは例外としてここではスルーしますw

で、この方は、働いていたので【2】でした。
話は戻し『年金特別便』がこの方に届いた確認事項は
亡くなった旦那さんの方の遺族年金部分でした。
社会保険事務所へ行くまでは・・・←ココ重要

旦那さんは、戦前から旧国鉄(今のJR)で働いており
厚生年金の法が整備される以前から
他の年金制度のようなもがあり、それを別の組合に申請しなくてはなりませんでした。

それはそれで解決したのですが、ここからが大問題!!

続きは明日にでも

⇒この記事の続き「年金特別便はあてにならない? その2

格差社会とジニ係数

2006/03/13 19:46|気になること配当 * 株式・投資・マネー|
ブログTOPへ
TB:0CM:1
いつもクリックありがとうございます。
↓↓↓↓
⇒人気Blogランキング

⇒リンク【詳しく知りたい】


小泉首相「格差は悪いことではない」発言
でメディアに対する疑問を述べたが、そこらで
最近「ジニ係数」という言葉を耳にしませんか?

解りやすくいえば、不平等度を表す数値で
0と1の間の数値からなり、0から始まりこの数値が高くなればなるほど不平等という事になります。

政府統計での計算でのジニ係数(年間収入)推移は、
1989年:0.293
1999年:0.301
2004年:0.308
となるが、日本の総務省が発表しているものは見かたにおかしい点もあるという疑問も出ている。

以前、知人に他の資料から分析したジニ係数表をいただき、そのブログへの公開の許しを得ましたので、掲載させていただきます。
ジニ係数

計算方法などについては私は詳しくわかりませんが、以下のサイトなどを参考してください。


関連リンク
ジニ係数について
広がるアメリカ社会の所得格差

小泉首相「格差は悪いことではない」発言

2006/03/10 18:15|気になること小遣い稼ぎ * 株式・投資・マネー|
ブログTOPへ
TB:0CM:2
いつもクリックありがとうございます。
↓↓↓↓
⇒人気Blogランキング

⇒リンク【詳しく知りたい】


先日「格差社会」についての問題をこのブログでも少し書いたが、あの後、皮肉にも今頃になって、その問題がまた、メディアで騒がれている。

時はさかのぼり、2月1日のことである、参議院予算委員会において「格差は悪いことではない」と小泉首相は問題発言をした。

私はこれは、きっとメディアに叩かれるに違いない!
そう思って、次の日の朝刊をいつものようにながめていた。

ところが、この小泉発言を批判している記事がどの新聞を見てもないではないか!

しかし海外のメディアからは大批判されたらしい。
正直、当たり前!
例えばもし、ブッシュ大統領が同じ発言をしたら、どこかで暴動でもおきるだろう。

いったい、どうなっているのか・・・。

もはや日本のメディアの中にも、危機意識の薄れがあるのかと、私は悲しくなった。

あの時は、怒りすら覚えたぐらいだ!
今頃になって、この件について騒いでいるメディアの方にも大きな責任があるのではなかろうか?

PSE法にあの人が立ち上がった!

2006/02/22 03:48|気になることアンカーポート * 株式・投資・マネー|
ブログTOPへ
TB:0CM:2
いつもクリックありがとうございます。
↓↓↓↓
⇒人気Blogランキング

今年の4月1日から「電気用品安全法」(通称:PSE法)によって、AC電源の内蔵された電化製品や中古楽器を販売することが禁止されます。
電気用品安全法(法令データ提供システム)

しかしこの法律の認知度はかなり少ない。

そもそもこの法律は、安全のための法律という為のものだが、矛盾点が多く、認証をもらえばその製品を販売することはできる。
そこで「PSE認証マーク」を発行する、経済産業省の外郭団体の収入増が主目的であるという疑惑がもたれています。

とうとう「署名運動まで始まりました」あの教授としてもしられる坂本龍一さんを筆頭としてWeb上で行っております。
電気用品安全法(PSE法)に対する署名

こんなとこまで日本の財政難の裏事情が明るみにでた、今回の出来事だと思う。さて、今後の政府の同行に注目したい。

北方領土の日

2006/02/07 03:14|気になることアンカーポート * 株式・投資・マネー|
ブログTOPへ
TB:0CM:0
BRICs(ブリックス)という言葉を耳にすることはないだろうか?

現在経済の急成長中のBrazil、Russia、India、Chinaの頭文字の四ヶ国の総称であるのだが、

そのロシアとの関係の中で戦後60年たった今でも北方領土問題はいまだに解決の糸口は見えてこない。

私の亡くなった祖父は北方4島の1つ択捉島の出身で旧ソ連軍に追われ北海道に泣く泣く移民してきた人間だ。

亡くなるまで故郷の話をしていたものだ。
2月7日は「北方領土の日」としているが果たしてこれを日本人の何人が知っているのだろうか?
そんな旧島民もどんどん老いて亡くなっていく。

私も1度ビザ無し訪問で訪れているが、予想以上のロシア人が生活を営んでいることに驚いた。

それもそのはず、あそこには金山もあれば石油と天然ガス等が眠っているのだ。
http://www.dailytimes.jp/2005_may_1.htm

元島民はもう、帰ることは考えてなく簡単に故郷に墓参りなどをしたいだけと言う。

国家同士の話し合いでは国益を重視してしまう。
国際問題は難しい・・。

オフショア銀行

2006/01/19 16:55|オフショアとはどのようなものか * 株式・投資・マネー|
ブログTOPへ
TB:0CM:0
とにかくオフショアを利用するにあたって作っておきたいのが銀行の存在なのだが、多くの場合英語など、外国語で書類でやり取りしなくてはいけない。

ほとんどはメリットばかりなのですがデメリット的な部分を上げると

1.書類は多くの場合外国語でやり取りしなくてはいけない
2.口座開設費などがかかる
3.国内と同じようにカードなどの盗難などの手続きなどがちょっとメンドクサイ(外国なので)

と言った所ぐらいでしょうか?

気になる「口座開設費」なのですが、
安いところで、米ドル$200から開設できるオフショアバンクもあります。

つづく(^^♪

フリーエリア

このページをブックマーク



人気ブログも見る


投資サイトランキング!
投資サイトランキングへ




もっとアクセスUP
アクセスUPにおすすめ


1クリックが募金になります


edita.jp【エディタ】

PING送信プラス by SEO対策

FP-PLANへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンク

RSSフィード

管理用

FC2カウンター

Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 自称若手FPの成行きブログ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。